『星空バルin雨飾山』

今回は『星空バルin雨飾山』でした。

初日は紅葉がギリギリ見頃の鎌池で1時間ほどハイキングを楽しんだ後、バル&野営地『雨飾高原キャンプ場』へ移動。

今回はお客さん全員が自分のテントを張る練習をしたいと、それぞれのテントを持ち込みました。
いつ雨が降り出してもおかしくない空模様に、私はまず宴会用の大型テント(8人用)を張ったのだけど、14時からスタートした野外バルでは雨が降る事もなく、17時過ぎまで外で紅葉を眺めながらビールやワインなど飲み、きのこ鍋、きのこマリネ、秋野菜のジュレやダッヂーオーブンでのポードローストなどを食べ、暗くなってからは宴会用テントへ移動しチーズフォンデュ♬

夜はまさかの星も出ていたのだけど、翌日の為に19時過ぎには全員おとなしく就寝☆

二日目は予報通り朝から雨。。。
朝食時にお客さん達と相談の結果、『雨降り登山より、温泉入ってツリーハウスへ移動して、ティナと遊びたい』と全員一致の希望でしたので、二日目は代案の観光に切り替え、紅葉の綺麗な葛温泉で露天に浸かり、私のお気に入り『青崎山荘』で美味しい新蕎麦をいただき、我が家へ。

超ゆるゆるツアーになりましたが、都会からの皆さんにはリフレッシュして頂けたようです(^^;)

PS、雨飾高原キャンプ場はとても清潔で設備も整っていて、スタッフも親切で感じが良く、バルには最適でした☆

『永井真理子復活!!』

22561046_1196464723831482_2105590328_o.jpg_DSC5604『マッシーが居ないと私のLIVEは出来ない』
電話の向こうから久しぶりに聞く真理ちゃんの声。
その電話から半年が経った10月10よりリハーサルが始まり、
14日、15日と『永井真理子30周年&復活LIVE』
大盛況で無事に終わりました。

最近は色々と忙しくてアッという間に1週間が過ぎるのですが、
この一週間は長かった。

リハーサル初日から、私が永井真理子と出逢った25歳まで遡り、これまで何百回と演奏した曲達から新曲まで、30年前から現在までを巡るような、長い長い1週間でした。

永井真理子もバンドメンバーも、全国から集まってくれたファンの人達も、10年ぶりに再会した大好きな友人達も、会えない間にそれぞれの道を歩いてたのを、11年もブランクがあったとは思えないほど美しく力強い歌声で1つにしてくれた永井真理子、音楽の持つ力、ずっと待っていてくれたファンの人達の想いの力って凄いなと、本当に感動しました

新曲、『Life is beautiful』

人生は美しい・・・

永井真理子、バンドメンバー、スタッフ、ファンの人達、ファンの人達の子供達、大好きな友人達、10年ぶりに会う一人一人の顔を見て、歳をとることが美しく見えました^_^

 

『遠い越後駒ヶ岳』

IMG_6949

今年もまた越後駒ヶ岳へ行ってきました。

初日に新潟県魚沼市の宿まで移動し、翌日の早朝4時半出発でアタック開始。
駐車場から登ること15分程で尾根へ出てしまう枝折峠からのこのルート。
何度も何度もアップダウンを繰り返し、右へ左へ折り返す尾根。
わたしが目安にしていた10時半登頂は何とか予定通りクリア出来たのですが、下りで多少ペースが落ちたため、16時半下山。
結果、往復11時間半という長いピストンになりました。

今年は最初から最後まで越後駒はじめ周りの山も見渡せる中での往復だったので、下山途中から疲労気味だったお客さん達も満足気でした。

しかし、越後駒ヶ岳はスタート時からずっと頂上と歩くルートが見えているので、余計に長く感じる気がします(^^;)