『夏沢鉱泉から硫黄岳へ』

img_2235なんと、まだ二月末だというのにチェースパイクのみで硫黄岳へ登頂してしまいました。

今回は夏沢鉱泉に泊まり一泊二日で硫黄岳のツアー。 ですがアタック予定の2日目がお天気が崩れる予報だったので普通なら中止にせざるを得ない流れだったのですが、夏沢鉱泉に送迎車をお願いしていたので午前10時半過ぎには夏沢鉱泉へ到着できるし、数日間の暖かい気温に加えて新たな降雪もなかったとのことで、1日目にサクッと往復する事にしました。

何だかんだで夏沢鉱泉スタートが11時20分になってしまいましたが、雪が少ないお陰で途中でアイゼンに履き替えることもなくチェーンスパイクのまま何の問題もなく登頂できたので、16時5分には戻ってこれました。

積雪が少なかったお陰で可能となった予定変更なので、今回ばかりは有り難かったですが、写真の通り硫黄岳山頂付近の稜線にはほぼ雪が無く、南八ケ岳の姿も黒い部分が目立っていました。

これから春にかけて冬型が緩み南岸低気圧の通過が多くなっていくので雪はまだまだ降る筈ですが、気温も高くなってくるので降雪⇒積雪⇒日射⇒融雪⇒凍結⇒と繰り返していくので、日々難易度もリスクも変化していきますので、『3月だから』という単純な考えで望むと危ないと思います。

そういえばオーレン小屋での休憩中にアカネズミが現れお客さんのストックを登ったり、ザックのポケットに入ろうとしたり、かなり人懐っこい子で場の雰囲気が和み癒されました。img_2228

最初は場所柄ヤマネかと思ったのですが、ヤマネはもう少し顔が短くて背中に黒いラインが入り、尻尾も太く尻尾は全然違いますね。

そして、2日目はやはり朝から降り始め標高が下がると雨、、、

稜線は前日よりも風も強くなるので、とっとと里へ下りカモシカスポーツ松本店でお買い物をした後、美味しいものでも食べようという事になり、安曇野へ移動し東京からも食べに来る人が少なくないスープカレーで人気店の『ハンジロウ』へ。
ここのカレーは本当に美味しくて、大学生の甥っ子を連れて行った時に、甥っ子が生まれて初めて『ありがとう!』と言ってくれたほどw

その後は穂高神社の嶺宮へ、安全登山祈願をしに行きました。img_2247

まだまだ残雪期が始まったばかり。
これから3ヶ月は雪山を楽しめるシーズンですが、この日は凍結したバーンの上にまた新雪が積もったので雪崩地形、地形の罠には充分注意が必要だし、これから里は春を迎えどんどん陽気が良くなり気持ち的にも装備的にも油断しがちなので要注意ですね。

さて、3月はどんな光景、山での時間、人、生物と出逢えるかな。

『夏沢鉱泉から硫黄岳へ』” への2件のフィードバック

  1. 今年の冬山は、チェーンアイゼン大活躍ですね!
    アカネズミが、出てきてくれたんですね。よかったですね~。木の上ではなく、地上に穴を掘って暮らすようです。アカネズミが掘った雪のトンネルを見たことがあります。雪山で足跡も見たことがありますが(足跡の真ん中に、尾を引きずった線が一本ある。)、ご本人にお目にかかったことがないので、うらやましい限りです。ザックに乗ってくれるなんて、超出血大サービスですね。よろしくお伝えくださいませ。

    いいね: 1人

    1. そうですね、この硫黄岳ツアーはお一人を除き全員チェーンスパイクを持っていたので携行して頂き、結局12本爪は必要無かったです。まさか2月の雪山で稜線までチェーンのまま行けるとは。
       そうなんです!アカネズミが近寄って来てくれ休憩中はずっと僕らのまわりで遊んでくれ、歩き方や仕草、つぶらな瞳、全てがめちゃくちゃ可愛かったです。
      『足跡の真ん中に尾を引きずった跡がある』って前にギンザブさんから教えてもらった気がしますが、正体はこの子だったのですね。雪のトンネルを掘るんですね〜、それは見てみないな〜。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中