『ジャンダルム3』

IMG_7256今シーズン最後のジャンダルムはプライベートツアー。
台風が日本列島に近づく中、ころころ変わる天気予報に皆さん一喜一憂していたようですが、台風が今回のような進路を進む場合、北アルプスの飛騨側の稜線は割と良いのでデータを熟慮した結果催行する事にしました。

『1日目』
今回はいつもより集合時間を早め、上高地を10時半にスタート。
空気が澄んでいてとても爽やかな快晴! 翌日歩く稜線が綺麗に見渡せ解説し易かったです。
IMG_7252

登山道沿いには柄の食感が抜群な『ヤマイグチ』があちこちに。
午後になると胸突き八丁辺りからとても暑くなり、全員がうわごとの様に暑い暑い言いながらも、樹林帯を抜けると風が抜け、岳沢小屋に到着する頃には過ごし易い気温でした。

過ごし易い気温、陽射し、風だったので、汗で濡れたウェアを日干ししながら夕飯までテラスで宴会。
僕は数日前にも来たばかりだったので、支配人の栗原君が『流石にアジフライ飽きたでしょ?変えましょうか?』と夕飯のおかずを蟹玉と揚げ餃子に変えてくれました。心遣いありがとう。

そして静かな夕暮れ・・・???
もちろんそんな訳ないですw

まぁ夕方からは予想通り台風の接近による大雨。台風の外側の特徴的でもある急に降ったり止んだりの繰り返し。

朝6時頃には雨は上がってくれる予報だが、降っていてもいなくても今回は出発を遅らせるつもりで寝ました。 夜中にも屋根を叩き付けるような雨音で何度も目が覚め、朝も降ったり止んだりでしたがそれも想定内。いつでも出発出来るよう朝食を済ませてから暫し部屋で待機。

この日は北西の風だったので奥穂から西穂の壁が守ってくれ微風、気温も高かったので5時スタート! スタート時はちょっとばかり(霧雨程度)の雨はパラつきましたが、順調に2時間半で岳沢小屋から標高差700mの天狗のコルへ到着。この日も地面が湿ってたお陰で天狗沢の最後のザレがいつもより歩き易かったですw

この日は稜線に出てからも風も大した事なく(飛騨側で5m、信州側でゼロ)雨に降られる事も全く無かったが、しつこいガスで馬の背の手前まで徹底的に眺望ゼロw
まぁ良いのか悪いのか、えげつない高度感を感じずに通過出来、台風接近のお陰でスレ違いゼロだったので、他者の人為的な落石リスクが無く通れたのは良かったです。

それでも馬の背の手前で休憩していると、追い抜きが1名来ました。
メンバーの皆さんは馬の背を登っていく先行者を固唾を飲んで見上げていましたw

自分達の番も落ち着いて着実に進み、ここまで眺望はなくとも岩陵帯歩きの楽しさは抜群に味わって頂けたみたいで、今回のメンバーさんも最高の笑顔で奥穂高岳へ登頂。皆さん奥穂には登られた事があったのでそのままスルー。

すると少し下がった所で休憩中に、見る見るガスが吹き飛び急速に視界が開けました。

少し遅いよ!! ガスダルム、ガスの耳、ガスの背・・

まぁ予報が外れる事なんて想定内なので、今回もお客さん達が入山前からガイドの判断を信じてくれ安全に行動し、初めてのジャンダルム登頂、岩陵帯歩きを堪能、満足してくれたのが何よりです。

奥穂を後に穂高岳山荘へは13時に到着したのですが、翌日はパノラマルートでの下山のため、穂高岳山荘でラーメンだけ食べてから、そのまま涸沢まで下りました。
ザイテングラードで涸沢への下降中、獅子岩付近をお散歩中のツキノワグマを発見。
先日は奥穂の頂上まで登ったらしく、その場に居た登山者達は大騒ぎだったらしい。

日本の一般ルートでは最難関ルートと言われる稜線をトータル11時間、最後まで危なげもなく本当によく頑張って頂けました。到着後は着替や片付けなど後回しでとにかく先ず乾杯!!

やはり難しいルートの後の、全員が達成感と安堵感に満たされた乾杯、開放感は特別です。
2日目も風が気持ち良いヒュッテのテラスで宴会は続き、夕食時にはヒュッテの支配人からお祝いのワインが開けられ、更に僕は小屋番の男子と21時まで語り合ってしまいましたw


『3日目』

稜線にガスが掛かりスッキリしないモルゲンではあったが、これはこれで幻想的。
この後ザイテンがガスに包まれたので、昨日の内に涸沢まで下りてきて正解でした。IMG_7329

ヒュッテで朝食と珈琲を頂き6時半、予定通り下山はパノラマコースで屏風のコルへ。
このパノラマコースは毎年涸沢ヒュッテの小屋番さんや遭対協のメンバーが整備をしてくれ、ロープ類なども毎年新品に交換してくれてるのだが、やはり破線なだけあり危険なルート。
上級者、熟達者以外は通行しないほうが良いです。先日も豪雨の中1人流され亡くなられたので悪天時の通行は危険極まりないです。ここは眺めの無い時に通っても意味有りません。

ただ、晴れていればご覧の通りの眺めは抜群!
10月に催行決定している北穂池〜大キレット〜南岳〜黄金平〜本谷沢が丸見えでした。
まさに大パノラマが広がるルート。危険と比例する眺望には溜息が出ます。

そして屏風のコルから徳沢へ下りて行く途中にはコゴメグサの群落や、ヘーゼルナッツ(ツノハシバミ)などにも出逢えます♬

予定通り10時半に徳沢へ到着。ソフトクリームを食べてから上高地まではそれぞれ自由に楽なペースで歩く事とし、12時半に上高地へゴール。

今回は天狗沢〜奥穂間での眺望こそありませんでしたが、台風が接近、通過するなか3日間雨に打たれる事もなく、風も穏やかで涼しく快適な条件に恵まれ、安全に行動出来た事が何より有り難かったです。

今年のジャンダルムツアーはこれにて全て完了!
今年はなかなか天候が不安定な夏でしたが、お陰さまでジャンダルム3ツアーとも催行することができ、計9名の念願が叶い、そのお手伝いが出来て本当に良かったです。

お世話になった各山小屋の皆さん
ご参加頂き、頑張った皆さん

ありがとうございました。

IMG_7313

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中