『菌活・キノコのすすめ』

IMG_1417 のコピー日本では年間1万人が死亡するインフルエンザ、肺炎になる事もある風邪、そしてコロナ。
正しい予防はもちろん大切ですが、僕はそもそもウィルス感染を防ぐための『積極的な防御』が大切だと考えてます。

今回のクルーズ船でも、同じ環境下で濃厚接触したにも関わらず感染してない人も居るわけです。
例えば同じ環境で生活してても風邪をひく人とひかない人が居ますよね?
それって生体防御機能、要は『免疫力』に差があるから。
ウィルスの感染を防ぐためには、先ず免疫力を低下させない事が重要なのはご存知だと思います。

じゃあ免疫力を高めるにはどうすればいいの?ってことですが。

 

腸内の免疫細胞を活性化させることで免疫力が高まるって話しは聞いた事があると思いますが、免疫細胞を増やすには、その原料となるタンパク質を多く含む食物を毎日きちんと摂る事が前提で、ここからが本題!

その免疫細胞をより活性化するのが『菌』です。

人間の腸の中には500種類以上、100兆個の腸内細菌が存在しています。100兆の細菌なんて天文学的な数値を言われてもピント来ないと思うが(僕もピント来ない)、重さにして1.5キロもの常在菌が居ます。

でも、1.5キロと聞くと凄くないですか?その菌達を活性化する事が出来れば免疫力を向上させる事が出来る。

『菌』は、実は音読みで『きのこ』と読みます。
 菌類には真菌(きのこ、酵母菌、麹菌)、細菌(乳酸菌、納豆菌、酢酸菌)がありますが、きのこは唯一目で見える『菌そのもの』

もちろんヨーグルトや納豆、お酢なども身体に良いですが、『きのこ』に多く含まれるβグルカンという多糖類は、その免疫細胞を活性化させて、ウィルスや病原菌の侵入を抑えてくれるんです。しかも美味しく楽しく。

 

きのこと言っても、僕が山にキノコ狩りに行って採るような特別なものではなく、何処のスーパーでも売ってる椎茸、舞茸、しめじ、エリンギ、エノキなどで充分。
菌そのものを食べるきのこを積極的に毎日の食事に取り入れることで、抗インフルエンザ感染作用などの免疫力アップだけではなく、

 肝障害予防/抗酸化作用/中性脂肪吸収抑制/体脂肪低減/動脈硬化予防&抑制/糖尿病対策(インスリン分泌促進活性作用/抗ガン作用/骨粗しょう症予防/高血糖改善作用/高血圧改善作用/花粉症など抗アレルギー作用

なんと二日酔い予防になるオルニチンは含有量は、しじみの7倍!(僕はこれが1番実感)

また、きのこそのものが美容ビタミンと言われるほど食物繊維が豊富なので、便秘&肌荒れ改善にはとても効果大♡

僕は政府や他者の考えをとやかく言うつもりはないですが、子供達も大人も家の中に閉じこもって暗いニュースばかり見てたら気が病んでしまい、免疫力も落ち他の病気になってしまのではと心配です。

きのこはストレス、イライラを抑え、リラックス効果のあるGABAも含む、まさに万能薬。

そこで、キノコそれぞれの効能などの詳細をアップしておきますので、コロナに限らず病気の予防や改善には、どんどんキノコを食事に取り入れ継続して下さい。

======キノコ別効能======

『エリンギ』:中性脂肪抑制吸収/便秘肌荒れ改善/肝脂肪抑制/肝障害予防/体脂肪低減/免疫力向上/抗アレルギー作用/空咳

『ブナシメジ』:抗インフルエンザ感染作用/インスリン分泌促進活性/疲労回復/動脈硬化予防/二日酔い予防

『エノキタケ』:抗ガン作用/高血圧改善/高血糖改善作用

『シイタケ』:抗ガン作用/免疫力向上/骨粗しょう症/動脈硬化予防/便秘&肌荒れ改善/血中脂質低下

『マイタケ』:抗アレルギー作用/抗ガン作用/免疫力向上/美容&疲労回復

『マッシュルーム』:抗酸化作用/血統低下作用/脂質代謝改善作用/抗ガン作用

『ブナピー(白ブナシメジ)』:インスリン分泌促進/動脈硬化予防/抗インフルエンザ感染

他にも『キクラゲ』(薬膳における効能):痔、下痢、貧血、涙目、便秘、下血
=================

『干せば旨味が凝縮され栄養価は何十倍にもなり、常温で半年間保存可』

キノコはグルタミン酸、グアニル酸、イノシン酸など旨味成分の宝庫ですが、干して乾燥させる事により水分が抜け、旨味成分が凝縮されとても美味しくなり、天日干しだとビタミン群も何倍、何十倍にもなります。IMG_1390 のコピーきのこは『洗わないで』バラバラにカットして、重ならない様に並べて乾燥させて下さい。完全に乾燥させると嘘みたいに量が減り、密閉容器で常温で半年間は保存出来ますよ。

冷蔵庫がギュウギュウになる事もなくなるので好い事ずくめ。お天気が良い日はキノコに限らず野菜を干しまくります。先日お客さんから頂いたレモンも食べ切れない分は新鮮な内に干してしまいました♬

魚を干すネットなんかも通気性が良くて最適です。
因にエノキだけは水分が多く細いので乾燥には不向きで、冷凍保存すると驚くほど旨味成分が増します(細胞膜が壊れてるので解凍せずそのまま調理)

干したキノコは水で戻しても良いし、そのまま炒めても調理しても大丈夫。
僕は家でも屋外でも、超〜〜簡単に出来る『キノコの温サラダ』をよく出しますが
レシピも極簡単!

ニンニクを弱火で炒め香りを移したオリーブオイルでベーコンとキノコ数種類を炒め、塩、バターと醤油を好みで味付け、最後にブラックペッパーを挽いたら、レタスなどに乗せて完成! たった5分ですwIMG_1417 のコピー

温野菜キノコの場合、干すんだったら2、3時間でも良いし、干さなくても全く問題無し。

他にもきのこパスタ、きのこオムレツ、きのこハンバーグ、きのこのキッシュ、きのこ御飯、きのこスープ、きのこマリネ、きのこカレーなどなど、旨味成分の宝庫のきのこは何にでも合うので皆さんも色々なレシピをご存知だと思いますが、是非とも低カロリーで身体に良いキノコを毎日の食事に取り入れて下さい♬

 

森を再生してる菌(きのこ)

自然から学んだ知恵『菌活』で積極的にウィルスや病気から防御する身体作りをして乗り切りましょう!!

1人のきのこ研究家としてお伝えしています。IMGP8194 のコピー

価値観や立場などの違いに寄って考え方、道徳観、危機感などは人それぞれだと思うので、感じ方の違いや飛び交う情報に対する過剰反応で友人や家族や仕事仲間との関係が崩れたり、誹謗中傷など人を傷つける事がないよう冷静でいたいですね。

『菌活・キノコのすすめ』” への4件のフィードバック

  1. キノコで免疫力アップ情報♬ありがとうございます!
    明日のランチは早速キノコモリモリのパスタにしてみようと思います!
    今日の晩ごはんはこれからお好み焼き♬(こないだスーパーでめちゃくちゃ大きなキャベツをゲットしたので…写真見てほしいくらいです(^_^*)

    いいね

    1. FBでは『子供がインフルになってもアタシは全く感染しないのは、キノコ大好きで良く食べるからだったのね』ってコメントしてる方やキノコ大好きナースの方のコメントもありましたね。

      ブログの次の記事に食べ合わせ食材も書いておいたので、バランス良く沢山食べてね。

      いいね

  2. 早速、キノコたっぷりスープ作りました。
    それにしても、干した野菜きれい、マリメッコのテキスタイルみたい!

    いいね

    1. 野菜も果物も干すと栄養価が何倍、何十倍になるし、冷蔵庫に入れなくても保存も効くので良い事ずくめですよね。
      干す時の手間はあるけど、調理の時に包丁使わなくて済むし、時間がある時に『手間の貯金』ですね。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中