『キノコと相性良い食材・おすすめメニュー』

昨日の続きになりますが、いくら免疫力が上がり病気の予防や改善になるからって、単純に毎日キノコを食べてって言われてもメニューが思いつかないと続けるのは大変ですよね。
 食べ合わせに寄って相乗効果のある食材も沢山あるので、相性抜群なおすすめ食材とオススメメニューをリストアップしたので、参考までに。

『海藻』:サラダ、酢の物、マリネ、スープ
キノコには便のカサを増やす不溶性食物繊維が豊富で、海藻には便を柔らかくする水溶性食物繊維が豊富。と言う事は?w 
そう!便秘解消に効果大です。
 不溶性:水溶性=2:1の割合で摂るのがベストだが、質量対容積的な事を難しく考えなくてもバランス良く美味しく食べれば効果はあるので大丈夫。
また、キノコのビタミンDが海藻のカルシウムの吸収率を高め、骨粗しょう症対策など、丈夫な骨作にも効果あり。

『エビ、タコ、イカ』:アヒージョ、リゾット、パスタ、スープ、酒蒸し、サラダ、ピザ
酒飲みのあなた!朗報ですよ〜。
キノコに含まれるオルニチンという成分はシジミにも含まれますが、ブナシメジにはシジミの7倍とも言われるオルニチンが含まれます。
そう!オルニチンは二日酔いの原因物質を分解、解毒を早めるもので、エビ、タコ、イカに多いタウリンも肝臓の機能を高める効果があるため、飲んでる最中(ここが大事)のおつまみとして食べれば、二日酔いを『予防』できます。(二日酔いになってからでは効果無しなので、飲む前や飲んでる最中、飲み終わった直後などが大事、)
またキノコのグアニル酸やグルタミン酸、エビなどのコハク酸といった旨味成分の相乗効果で、パスタやリゾット、パエリア、ピザなどで美味しいメニューが出来ます。

『卵』:かき玉汁、キッシュ、オムライス
ビタミン、ミネラル、タンパク質がバランス良く豊富に含まれるが、食物繊維が含まれないので、キノコと組み合わせるといい。

『牛乳』:ポタージュ、シチュー、グラタン
牛乳やチーズはカルシウムが豊富! キノコに豊富に含まれるビタミンDはカルシウムの吸収率をアップ。またキノコには 神経の興奮を鎮静させリラックスさせるGABAという成分が、牛乳やチーズにもリラックス効果をもたらすセロトニンの原料が含まれ、組み合わせる事でリラックス効果が倍増

『豚肉』:ハンバーグ、炒め物、カレー、肉巻き、シャブシャブ
キノコはビタミンB群が豊富。豚肉にもビタミンB1が豊富。ビタミンB群は合わせて摂る事で相乗効果があり、疲労回復、代謝アップ。

『鶏肉』:照り焼き、蒸し料理、中華粥、サラダ
鶏肉はキノコと組み合わせる事で旨味がアップ! 特に舞茸にはタンパク質分解酵素が含まれているので、特に安い鶏胸肉でもふっくらジューシーに美味しくなります。

『香味野菜(ニンニク、ネギなど)』:アヒージョ、麻婆豆腐、パスタ、炒め物
ニンニクやネギの香り成分アリシンは、キノコに豊富なビタミンB群の吸収率と働きを高める効果があり、エネルギー代謝が上がるのでスタミナアップ、ダイエットにも効果あり。

『青魚』:ホイル焼き、ソテー、つみれ汁、クリーム煮
青魚に豊富なカルシウムはキノコのビタミンDによって吸収率がアップ。
キノコの旨味が青魚の風味を引き立て、料理のコクがアップ。
(鯖を使う場合は、切り身より鯖缶を汁ごと調理すれば簡単で栄養素も缶詰の方があり)

『白身魚』:蒸し料理、シチュー、鍋、煮つけ
味が淡白な白身魚は旨味が豊富なキノコと組み合わせる事で料理全体の旨味がアップ。
良質なタンパク質が豊富な白身魚も食物繊維が少ないので、キノコと組み合わせる事で低カロリーながら満腹感、旨味タップリなメニューになる。

『豆腐』:麻婆豆腐、鍋、和え物、味噌汁
豆腐は言わずと知れた良質なタンパク源であるとともに、抗酸化作用のあるイソフラポン(ポリフェノールの一種)による美容効果がある。キノコにも美容ビタミンと呼ばれるビタミンB2が豊富に含まれるので、低カロリーながらキノコの旨味で美味しく食べられる、美肌作りには効果の高い組み合わせ。

『トマト』:パスタ、スープ、オムレツ、サラダ
キノコの旨味成分グアニル酸、トマトの旨味成分グルタミン酸は掛け合わせる事で相乗効果大。旨味が強くなると減塩対策にもなる。キノコのビタミンB群とトマトのリコピンで美肌効果もアップ

『ゴボウ』:肉巻き、煮物、スープ、サラダ、キンピラ
キノコもゴボウも食物繊維が豊富なので便秘改善に効果大!
但し、両者ともに食物繊維が豊富なので、食べ過ぎるとどんどん出るので外出前などには要注意w

『じゃがいも』:肉じゃが、グラタン、炒め物、カレー、ポテトサラダ
じゃがいもは抗酸化作用のあるビタミンCが豊富。ビタミンCには免疫力を高める効果があり、キノコに含まれるβグルカンは免疫細胞を活性化させるので、合わせて摂る事で免疫力が上がる。

『小松菜』:おひたし、和え物、炒め物、スープ
キノコにはビタミンB群やビタミンDが豊富。小松菜にはビタミンA、C、Eが含まれるため組み合わせる事で豊富なビタミンをバランス良く摂れる。
小松菜にはカルシウムも多く含まれるので、キノコのビタミンDと合わせる事で吸収率アップ!

『白菜』:白菜ロール、蒸し料理、鍋、スープ
キノコと白菜には、体内の余分な塩分の排出を助け高血圧やむくみ解消に効果のあるカリウムが豊富に含まれてます。
またカリウムは筋肉を正常に機能させる効果があるので、倦怠感、疲労感の解消にも繋がる。キノコにはグアニル酸、白菜にはグルタミン酸と旨味成分が豊富なので旨味の相乗効果大!

『味噌』:汁物、炒め物、煮物、佃煮
菌類のキノコと、発酵食材であり菌食材の味噌を合わせれば腸内環境が改善されます。
またキノコも味噌も旨味成分が豊富なので、旨味を組み合わせる事で塩分などの味付けを控えても美味しく料理でき、生活習慣病の予防になります。

======キノコ別効能======

『エリンギ』:中性脂肪抑制吸収/便秘肌荒れ改善/肝脂肪抑制/肝障害予防/体脂肪低減/免疫力向上/抗アレルギー作用/空咳

『ブナシメジ』:抗インフルエンザ感染作用/インスリン分泌促進活性/疲労回復/動脈硬化予防/二日酔い予防

『エノキタケ』:抗ガン作用/高血圧改善/高血糖改善作用

『シイタケ』:抗ガン作用/免疫力向上/骨粗しょう症/動脈硬化予防/便秘&肌荒れ改善/血中脂質低下

『マイタケ』:抗アレルギー作用/抗ガン作用/免疫力向上/美容&疲労回復

『マッシュルーム』:抗酸化作用/血統低下作用/脂質代謝改善作用/抗ガン作用

『ブナピー(白ブナシメジ)』:インスリン分泌促進/動脈硬化予防/抗インフルエンザ感染

『ナメコ』:免疫力向上、胃粘膜保護、目の乾燥予防、改善

『キクラゲ』(薬膳における効能):痔、下痢、貧血、涙目、便秘、下血

 

『キノコと相性良い食材・おすすめメニュー』” への1件のフィードバック

  1. すごいですね♬
    料理研究家みたい(°▽°)
    ボチボチやってみますね。
    ありがとうございます♬

    今日は友だちと食事会をして椎茸を串カツにして食べました(^^)
    ちなみにお酒は“出羽桜”=(^.^)=

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中