『山のお天気のこと』

今週に入ってから連日のように年末寒波襲来のニュースが流れているが、テレビから流れる気象予報はあくまで一般天気予報で警戒情報などにしても 、雪に弱く直ぐにマヒ状態になってしまう都市部や道路、または日本海側の豪雪エリア、交通機関の乱れなどに対してであって、山岳用ではない。
もちろん大雑把に把握する分には参考になる部分もあるが、雪山に入っていく時点で氷点下20℃とか風速15mほどは珍しくもない事なので、一般のニュースに翻弄されず、正しく恐れ正しく準備をする事が大事。 “『山のお天気のこと』” の続きを読む

広告

『ガイド研修』

本日は長野県山岳総合センターの人工岩場にて、ガイド研修(実技)でした。
23844486_2257101434377547_5031693336736285540_n.jpg

朝から一日中ロープワークだったけど(1割傷病者搬送)、普段なかなか交流のないガイド同士、ダメ出しし合ったりアイデア出し合ったり、色々と意見交換、情報交換でき、また人の数だけ他人のミスも自分の体験として蓄積出来る貴重な時間でした。

資格更新の為だけじゃなく、定期的にガイド仲間と訓練、経験を共有して、お互いの能力を引き上げていけたら良いなと改めて感じた一日でした。

工作・料理・勉強♬

長年付き合ってきた胆石が新年早々暴れ出し、手術で摘出するために2週間の入院と、退院後の静養を余儀なくされたため、ちょうど外気温が氷点下15℃まで下がる事もある厳冬期ですし、今年は家の中を工房代わりにツリーハウスの内装の為の細かいパーツを作ったり、料理の研究やキノコの勉強に費やす時間を持てました。

早朝、氷点下10℃以下の日も、晴れた日は確実に陽射しが春に向かって強くなってるのを感じます。
風のないポカポカな氷点下3℃くらいの日は、ペンキ塗りや窓枠設置など、春の完成を目指してツリーハウスの内装もコツコツと進行中♬

 

お天気のこと。

低体温症、転倒滑落、道迷いなど、山岳遭難において、気象はあらゆる面で大きな影響があります。
山を安全に歩く為に気象を予測出来るのはとても大切なこと。

ここ数日間続いた雨で山も畑もお預けだったので、毎日朝から晩まで気象の勉強をしてたのだけど、やっと自分で天気図が書けるようになって来ました。  “お天気のこと。” の続きを読む